夫婦の家計の目安の平均

家計のやりくりは簡単なようで、長い年月、しっかりとやりくりをし貯蓄まで安定して作っていくというのは難しいと感じている人が多いでしょう。何故なら、お金というは余程の資産家か、基本的にお金を使うのが物凄く大嫌いという人以外は貯まっていきにくいものだからです。貯めようと思わないと貯まっていきにくいものだからです。

それで、中には平均よりも高い収入のなのに貯金額は全然ないという人もいるようです。そのような事がないように、しっかりと貯蓄していくためには生活していくのに必要な最低限の生活費を算出しておく事が大切です。

この生活費は夫婦だけの場合と、子供がいる夫婦とでは違ってくるでしょう。子供がいたら、教育費にかなりお金がかかります。ですから、子供がいる夫婦の場合は自分達自身に使えるお金は少ないかもしれません。これも、子供の数や、どれだけ子供にお金をかけるかによってもかなり違ってくるでしょう。

でも、夫婦が生活していくのにかかる金額はおおそよでもいいので知っておくべきです。もちろん、これは若い夫婦と、中年以降の夫婦、定年退職をした夫婦では違ってくるでしょう。

しかし、贅沢をしないで夫婦2人で暮らしていける金額は是非知っておきましょう。大体家賃プラス食費が月に3万円前後、上下水道、光熱費が2万円前後、電話、携帯、インターネットなどの通信量2.5万円前後、生命保険が1万円前後、雑費1万円前後、が目安の平均になるでしょう。これに交際費などが少し加わる場合も多いでしょう。

もちろん、その夫婦によってかなり違ってくるでしょうが、その位を目安にしておくと、使いすぎの状態には気付けるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。