一般的な夫婦の家計の割合

夫婦二人の理想的な家計の割合というものがあります。生活には食費や住居費や水道光熱費がありますが、出来るだけ理想の平均値に近くすることが大事です。生活していく上で食べていくことは、とても重要ですが家計に対するパーセンテージでは平均で収入の15パーセントぐらいで抑えることが理想です。住居費も25パーセントいかに抑えることが重要です。この中には駐車場代も含んで考えることが重要です。水道光熱費も他のインターネットに関する料金や、新聞代や携帯料金も含んで10パーセントぐらいで抑えられることが理想です。とにかく支出はいろいろなものがあり、大まかにグループ分けしたものがしっかりとその範囲に入っていることが大事です。あとから子供ができたり病気になることを考えたり、老後のことも考えると必ず各項目の平均値のなかでおさめて生活することが大事になってきます。支出をしっかり管理することによって、貯蓄の金額の割合がかわってきます。家計の計画性があれば最低でも10パーセント以上の貯蓄が可能です。無駄に贅沢をしてしまったり、高い物件に住んでしまうと後々後悔をする可能性もあります。貯蓄保険を使ってうまく貯金をするなど工夫も必要です。

コメントは受け付けていません。